須原小学校4年生が地域の茶の間について学びました。

今年度も須原小学校4年生が主体となり、「地域の茶の間」を開きます。
その事前学習のため、5月30日(木)、須原小学校で運営方法などの講義を行いました。
子どもたちは、「地域の茶の間で体操や脳トレをしていることが分かった。」「参加者と一緒にできるものを考えていきたい。」「おじいちゃん、おばあちゃんに地域の茶の間でどんなことをしているか聞いてみよう!」と自分たちができることやしてみたいことなどを話し合っていました。
今後は、近くの地域の茶の間を訪問し、ボランティアさんから学ぶ予定です。