小出中学校でふれあい講座を開きました。

11月26日(火)、小出中学校にて「ふれあい講座」を開きました。

3年生105人を対象に、「社会福祉協議会と災害支援」と題し、社協の仕事や災害ボランティアセンターについて、具体的な事例を交えてお話しました。

生徒からは「福祉=介護ではなく、“支え合い”だということが分かった」「ボランティアは人のための活動だと改めて分かった。自分もできることを探して、小さなことでもいいからボランティアをしていきたいと思った」との感想がありました。

今回の講座が、福祉に興味を持ったりボランティアを始めるきっかけになると嬉しいです。