伊米ヶ崎デイサービスセンター

伊米ヶ崎デイサービスセンターでは、ご寄附頂いたタオルを「有効活用したい!」「地域の方や小学校と交流を持ちたい!」「人形つくりを通して、手先を考えながら動かすことで心身の機能維持につなげたい!」という想いからタオルで人形つくりをしよう!と考えました!!

興味のある方もそうでない方も、一緒にタオルで可愛らしい癒しの人形を作りましょう。

詳細は、チラシのたおる人形つくりをご覧ください。


 

平成31年1月24日(木)・25日(金) 14:15~15:20 伊米ヶ崎デイサービスセンターにおいて『新春 もちつき大会』が開催されました。
お雑煮の具は、ご利用者の皆さまから具をたくさん切っていただき、メインのお餅つきは、昔懐かしの杵と臼を使って、これまたご利用者さまから元気よく、ついて頂きました。出来上がったお餅は、お雑煮とあんこもちに変身し、みなさんの胃袋にあっという間に吸い込まれました。そして、みなさんのとっても素敵な笑顔に癒され、お腹も心も大変満たされたひと時でした。

案内のチラシはこちら『新春 もちつき大会』からご覧ください。(終了)


平成30年12月5日(水)~12月19日(水)伊米ヶ崎デイサービスセンターご利用者様の作品を併設されている伊米ヶ崎公民館に展示されました。

指先を動かすことや何かを考えて作品を作ること、人と交流しながら何かをすることは大変「脳が刺激」されて良いそうです。日頃から軽作業や余暇時間を通じて、皆様から取り組んでいただいた力作ばかりでした。ご来場いただい方は、きっと「力のこもった作品」をご覧いただけたかと思います。また、感想などもございましたら、伊米ヶ崎デイサービスセンターまでお寄せください。次の作品へ向けての「力」になると思います。

チラシはこちら『作品展のご案内』からご覧ください。(終了)


平成30年11月27日(火)伊米ヶ崎デイサービスセンターで『芋煮会』を開催しました。

伊米ヶ崎デイサービスセンターでは、アクティビティケアとして米作りやしめ縄づくりなど様々な行事に取り組んでいます。『芋煮会』もその一つで、利用者の皆さんと具材の下ごしらえから準備等一緒に行っています。長年主婦業で培った包丁さばきを披露!?して頂き楽しいひと時が過ごせました。料理の手順を考えたりすることは、認知症予防にも良いと聞いていますので、今後も継続して行事の工夫をしていきたいと思います。

チラシはこちら『芋煮会のお知らせ』からご覧になれます。(終了)


平成30年10月26日(金)14:30から伊米ヶ崎デイサービスセンターにおいて地元の歌のメンバーによる楽しい唄の会が開催されました。出演してくださったのは、『光の国から来た仲間たち』です。

音楽には、様々な効能があると言われています。音楽を聴き、リズムに合わせて手を叩いたり、身体を動かしたり、歌ったりすることには『リラックス効果』があると言われており、さらには、高血圧にもいい…というようなデーターもあるそうです。また、その他にも、発話能力の回復や痛みの軽減等にも効果がある…らしいです。いろいろな効果の中でも特に気になるのがやはり『認知症予防にもいい!』と言われていることでしょうか。昔の歌を思い出しながら歌うことは脳のトレーニングにもつながります。            『秋のイベントのお知らせ』(終了)


☆2017年の餅つき大会のご案内は、こちら餅つき大会のお知らせからご覧ください。(終了)


☆2017年の夏祭りの様子は、こちら伊米ヶ崎デイサービスセンター夏祭り2017からご覧ください。☆


☆2016年の夏祭りの様子は伊米ヶ崎デイサービス2016夏祭りからご覧ください。☆