ボランティアをしたい

ボランティアとは

ボランティアをはじめたいと思うきっかけは人それぞれ。ボランティアは自分の関心のあるテーマ、自分にできることからはじめられるとても身近な活動です。ボランティア活動は、地域や社会をよりよくしていくことに役立つとともに、活動する自分自身も豊かにしてくれる力を持っています。

自分の意思で行う

ボランティア活動は、誰かに強制されたり、義務で行ったりするものではなく、自分の考えで参加したり、取り組むものです。だからこそ、多様な問題に柔軟に取り組むことができ、人の心に働きかける力を持っています。

自分のためではない

ボランティア活動は他の人や社会のために取り組むもので、お金をもらうことや自分だけが満足することを目的とはしていません。
活動を通じて結果的に、活動する自分自身もさまざまなものを得ることができます。

さまざまなことが得られる

たとえば、活動を通して、感動や喜び、充実感、達成感などが得られたり、活動そのものが楽しみになることがあります。また、ボランティア活動を通じてさまざまな体験をしたり人や社会、自分について新しく気づくことがあったり、知識や技術を学ぶこともできます。さまざまな人たちと知り合ったり、協力しあうことで、人とのつながりを広げることもできます。

すでにある仕組みや発想を超えられる

ボランティア活動は自由な意志で取り組むものですので、すでにある仕組みや発想にとらわれずに、何が必要とされるかを考えて実施することができる活動です。そうした取り組みが、新しいサービスや社会の仕組みを生み出すことにつながることもある創造的な活動なのです。

 

活動上で気をつけることは?知っておきたい5つのポイント

ボランティア活動をする際にはどのような点に気をつければよいでしょうか。
知っておくと役立つ5つのポイントを紹介します。

1.秘密を守る

活動上知り得たプライバシーを漏らしてはいけません。

2.責任をもって活動する

約束は必ず守りましょう。
万が一都合が悪くなった場合は、事前に先方に必ず連絡しましょう。

3.無理をせず、自然に楽しく活動する

気負わず続けられる範囲で活動しましょう。

4.相手の立場に立った言動をとる

目上の方に対し尊敬の念を忘れずに、相手が不快に感じない対応に心がけましょう。

5.相手から学ばせていただく姿勢が大切

「してあげている」という考えでは続きません。
相手から得られる喜びや感動を大切にしましょう。

 

ボランティアセンターの役割

  • ボランティアの相談、登録、紹介
  • ボランティア情報の提供
  • ボランティアグループの活動支援
  • 魚沼市ボランティア連絡協議会の支援
  • ボランティア保険加入促進
  • 災害ボランティアセンターの支援や立ち上げ訓練

 

その他