ボランティアとは

ボランティアって何?

地域や社会をよりよくしていくため、身近なところでできることを自らすすんで活動することです。

「自主性・自発性」・・・自らすすんで行動すること

まわりの人から強制されるのではなく、自分の考えで積極的にする活動です。

「社会性・連帯性」・・・相互支援、学びあう

誰もが幸せに暮らしていけるように、みんなで協力し、支え合い、学びあう活動です。

「無償性・無給性」・・・見返りを求めない

お金を求める活動ではなく、お金では得られない出会いや感動、喜びを得る活動です。

「先駆性・開拓性」・・・よりよい社会をつくる

今、社会で何が求められているのかを考えながら、よりよい社会を自分たちの手で創る活動です。

 

ボランティア活動のポイント

1.あいさつが基本

気持ちの良いあいさつは人と接するなかで基本中の基本です。気持ちのよいあいさつ・自己紹介は相手に対して好印象をあたえるだけでなく信頼感もアップします。

2.身近なことから

自分たちの身のまわりを見直して、気がついたところから始めましょう。まずはできるところから。

3.相手の気持ちになって

ボランティア活動は、ひとりよがりであったり、押しつけであったりしてはいけません。常に相手の立場に立って活動しましょう。

4.約束や秘密は必ず守る

ボランティアで知りえた相手のプライバシーは守りましょう。ボランティアであっても相手との約束は必ず守りましょう。

5.自分を成長させる

ボランティア自身が持っている知識や技能を社会に役立てるために、研修や学習会に積極的に参加しましょう。自分自身を一層高めるよう努めることも必要です。

6.無理をせず継続を

頑張りすぎて無理をしても長続きしません。自分の生活のリズムを考えて計画を立て、無理な時は、はっきり断ることも必要です。勉強や仕事・家庭を犠牲にしての活動では長続きしません。

7.周囲の理解を得る

ボランティア活動は身近な人の協力を必要とします。家庭、学校、友人などの理解を得られるようにしましょう。

8.安全対策に充分配慮を

万が一の事故等に備えてましょう。自身の事だけではなく、相手のことも考えて。

 

「ボランティア活動」とは、特別なことを行うわけではありません。誰でも近くに困った人がいたらその人の身になって、自分にできる範囲でお手伝いしますよね。
そんな気持ちで自分にできることを行うことがボランティア活動です。
あまりボランティア活動を難しく考えず、身近なところに関心を持ち、これならできるというものから始めてみましょう。